スポンサードリンク

2009年02月24日

職を失ったチェロ奏者 儀式を

「おくりびと」は職を失ったチェロ奏者(本木)が田舎で遺体を棺に納める納棺師の仕事に就き、生と死を見つめる物語。本木は、10数年前に訪れたインドで死者を見送る儀式を目にし、生と死が隣り合う死生観を体感。その後、「納棺」の世界を知り、映画化の構想を温め、実現のため奔走した。

「おくりびと」日本映画初の外国語映画賞!(サンケイスポーツ) - Yahoo!ニュース

見たい映画ですねこれは~~~



  • カーペット




  • posted by ワインダオ at 21:38| 世界のワイン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
    ×

    この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。